債務整理後にお金を借りる場合に気をつけておきたこと

債務整理後にお金を借りる場合に気をつけておきたいこととして、銀行やメジャーな消費者金融などはすぐに利用することができません。債務整理をすると個人信用情報機関に異動情報が記録として残ります。お金を借りる方法として、カードローンへ申し込みを行っても審査の際にこの記録が確認して信用できるか判断を行います。記録があれば貸し倒れリスクが高いので、信用を得られずに落とされます。
しかし、債務整理をしてもその記録は5年間で削除されるため、それ以降であればこれが原因で審査に落ちることはなくなります。記録が残っているかどうかは個人信用情報機関に開示請求して調べることもできるので、過去に債務整理したことがある場合は消えていることを確認してから申し込みます。
ただし、債務整理した銀行や消費者金融では再びお金を借りることはできないので気をつけなければなりません。個人信用情報機関の記録が消えていても、銀行や消費者金融では記録されたままになっています。そのため、同じところに申し込んでも分かってしまい、信用を得られません。
また、保証会社にも気をつけなければなりません。銀行からお金を借りる場合、消費者金融が保証会社になっていることが多いです。そのため、銀行で債務整理する状況に追い込まれると保証会社にも記録が残ります。また、銀行のカードローンは保証会社の審査に通る必要もあるため、保証会社が過去に債務整理したことがある消費者金融の場合もお金を借りることができません。