アコムを解約するためには全額返済が不可欠

アコムからキャッシングを行う際には、その申込者がお金を借りる枠を付与される時点で、アコムとの契約を行うことになります。もし実際にキャッシングを行わなかったとしても、「貸付限度枠」という「枠」が与えられていることについて、すでに契約しています。仮に50万円の枠が与えられたとして、そこからお金を借りていなかったとしても、50万円いつでも借り入れできる契約がなされているのです。ですから、総量規制の範囲を判断するときには、実際にキャッシングした額ではなく、その貸金業者と契約している限度枠で計算します。年収300万円の人が、貸金業者2社で限度枠50万円のカードローンの契約を持っていて、まだ一度も使っていなかったとしても、すでに契約が100万円なのですから、粗衣量規制の範囲を超える新たな借り入れは、貸金業者からできないということになるのです。契約自体を無くす必要があります。アコムの借り方に契約を持っていて、もし解約したいということであれば、債務をゼロにする必要があります。実際に借りている金額を返済しても、自動的に契約がなくなるというものでもありませんし、反対に言えば、利用している限り、解約はできません。全額返済をして、解約手続きをしっかりと行いましょう。それによって、「枠」で判断されていた信用情報上の債務も消滅します。きれいに完済という形が付きます。いくら支払えば完済になるのかは、アコムに問い合わせなければ、正確な額はわかりません。